話題になっているマヌカハニーですが類似品などの粗悪品も多く出回る

話題になっているマヌカハニーですが、類似品などの粗悪品も、多く出回っています。本物というのは、NewZealandのマヌカの木から摂れる蜂蜜だけで、独自の強い抗菌活性物質を含んでいます。

生産量も少なく、一般的なハチミツよりも高額になる傾向になります。

このため、偽物や抗菌作用を偽証して販売する業者が増え、本物のマヌカハニーと勘違いして購入する消費者も多いようです。ニュージーランドが商標登録を申請したマヌカハニーですが、マオリ語で「マヌカ」と呼ばれる木の原産地は、実は、オーストラリアが発症場所だということです。

「マヌカ」は、ニュージーランドのマオリ語ですが、強い抗菌力の同成分の蜂蜜を製造可能だとのことで、マヌカというブランド名を、自国のはちみつにも使いたいと主張しています。ですが、現段階では、国際的にも品質管理が組織化されているニュージーランド産のみが、安心して選ぶことのできる本物だと断言できます。

乳児に蜂蜜を与えてはいけません。

ボツリヌス菌という細菌が混入してることがあって、誤って与えてしまった場合、乳児ボツリヌス症を発症する危険があります。大人であれば、腸内細菌との競争にボツリヌス菌が負けるので問題ありまんが、未発達な腸内環境のお子さん(1歳未満)は、ボツリヌス菌をやっつけることが出来ないので、母子手帳にも1歳に満たない赤ちゃんには、ハチミツを与えないよう注意喚起されています。スーパーハチミツとして話題のマヌカハニーも一緒で、1歳になっていない子供には食べさせないでください。マヌカハニーなら殺菌力が強いので5歳を超えたくらいが無難です。
容器からはちみつを救う場合、大抵の人はスプーンを使うと思いますが、そのスプーンが金属製であった場合、抗菌力が弱くなるみたいなんです。

本当に抗菌力が低下するかどうかは知りませんが、そういう噂があるので、匙は木製や樹脂製を使っとけばよいと思います。より殺菌作用の強いマヌカハニーは尚更で、陶器や木で作られたスプーンが推奨されていたり、マヌカハニーを売っているネット通販サイトでも、金属に触れないよう注意柿があったりします。

殺菌力を目当てにマヌカハニーを買うなら、金属のスプーンは使わないほうが無難だと思います。

高級蜂蜜に共通するのは、加糖や添加物など、余計な人に手を加えてない事、それに、製造過程で加熱処理を行なってない等があげられます。端的に言えば、純粋な蜂蜜が最高品質であるという話なんです。自然のままのハチミツを抽出して、手を加えず、不純物を取り除いた程度の蜂蜜こそが高級品なんです。高い殺菌力が話題のマヌカハニーも同様で、本物は全てオーガニック製法で作られています。

臓器特異的な自己免疫疾患を持っている人は、はち蜜を食べないようにしたほうが良いです。

どうしてかというと、免疫を抑制する薬を使っている場合です。

体の中の免疫パワーを抑制する薬ですから、ボツリヌス菌が混入していた場合には芽胞が発芽してしまいます。ようするに、腸内細菌が発達していない子供と同じように、ボツリヌス症になってしまいます。もちろん、強い抗菌作用でお馴染みの、マヌカハニーにも一緒のことが言えます。

ニュージーランドのマヌカハチミツと一般的な蜂蜜の違いですが、マヌカだけに含まれる高い抗菌成分、メチルグリオキサールの含有が挙げられます。一般的な蜂蜜にも過酸化水素に由来する殺菌成分が含まれますが、それプラス、マヌカハニー独自の超強力な殺菌成分が入っています。ニュージーランドを始めとした世界各国では、殺菌作用が一定レベル以上のマヌカはちみつを、医療用はちみつとして位置づけし、医療の現場で患者さんに処方されています。
耐性菌にも効果があったという研究結果もあり、細菌がマヌカハニーには耐性を発揮できないとの事実も分かってきました。詳しく調べたい方はこちら⇒マヌカハニー 偽物と本物の見分け方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です