こちょう蘭の育て方ですが1週間から10日程度に一回の水やりで良いので楽

こちょう蘭の育て方ですが、数ある花の中でも非常に簡単なのです。

1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、鉢に植え替える方法も難しくないです。しかしながら、厳しい寒さには強くないので、冬場は屋内で15℃~20℃位の場所に置いてあげないとダメです。アト、直射日光もダメなので、暖かくて落ち着くところが良いですね。

病院に入院している知人の見舞いとして、 心を温かくしてあげる意味で、美しい花を贈るのも良いことですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。
胡蝶蘭を入院してる人に贈る場合は、鉢植えでなく、ブーケなどにアレンジして、絶対に鉢に入った状態で届けないようにして頂戴。このマナーさえ分かっていれば、見た目も美しく、花粉も香りも少ない胡蝶蘭は、味気ない病室に癒しを持たらしてくれるものです。スマホ端末の進化に伴い、ギフトフラワーの通販も、現在は携帯端末から利用できます。それだけでなく、細かいサービスも向上しているので、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれます。

配送やお届けについても言えることで、全国スピード配送や条件によっては当日配達まで出来ちゃいます。花の贈り物も便利になったものです。

ビジネスシーンの周年記念日にも、お祝いに胡蝶蘭を贈るケースが多いですが、失礼にならない程度のマナーは、知識としておぼえておかないとダメでしょう。立とえば、赤系の胡蝶蘭は火をイメージさせてしまうので、好ましくありません。
また、必ず立札を付けるようにしないといけません。多くの花が贈られるので、何処から贈られたのか分かりやすいようにしておきます。

育て方にもコツのある胡蝶ランですが、ある程度の暖かさが必要なのは、知っておいた方が良いですね。

胡蝶蘭が育った故郷は熱帯地域なのですが、暖かく明るい日陰で暮らしていたので、なんと、窓際などの直射日光にも弱いという性質があります。人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、置き場所は風とおしも考慮してあげないといけません。

水やりは頻繁にする必要はなく、根元が乾いてき立と思ったらあげる感じです。

花ギフトの場合は、大切なものの一つにラッピングがあります。

たとえば、ピンクの包装は可愛い印象を与え、緑のラッピングは爽やかなイメージがあります。評価が良いこちょう蘭の通販ショップでは、ほとんどが、無料でカラーを選べるラッピングサービスがあります。

フラワーを送る際のメッセージカードなども、通常セット内に含むwebショップが多くなってきています。

ギフトフラワーの通販を利用する時、お奨めは、生産者である栽培園から直接発送する、栽培農家直送の通販店を選ぶようにしましょう。どうして産地直送がオススメかというと、中間にある花市場を経由しないので、商品であるお花の新鮮さが保たれることと、中間マージンが無くなり、コスパが良くなることが挙げられるのです。胡蝶蘭の通販も同じで、生産農家から直接送ってもらう方式がオススメです。

胡蝶ランを贈るのは、開業など人生の門出だけでなく、お悔やみの場に贈るなんてケースもあります。

胡蝶蘭のフラワー言葉には「純粋な愛」という意味もあって、哀しみに暮れる気持ちを優しく癒すと言われていて、お悔やみの場に贈ってもマナーに反するこということはありません。
日本にまで胡蝶蘭が広がることになった歴史の始まりは、ヨーロッパで19世紀に起きた壮大な欄ブームで、優美で神秘的な美しさが、様々な品種を探すきっかけになり、胡蝶ランの原種を発見する事になったわけです。

花ギフトは大抵の人が喜んでくれますが、そのシーンに合わせた花言葉の花を選ぶことで、贈られた側も、花ギフトに込められた想いを感じる事が出来ます。

一例をあげると、開店祝いや挙式などでコチョウランをよく見かけますが、胡蝶蘭共通の花言葉、純粋な愛などのほか、色別にそれぞれの花言葉をもっています。
胡蝶蘭に限った話ではありませんが、花ギフトを贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、心のこもった贈り物になることはミスありません。

色んな種類があるコチョウランですが、 分類のする基準のひとつに、咲かせる花の大きさ別のちがいあります。
最も多く目にするのが、最も豪華で大きい花を咲かせる大倫胡蝶蘭です。

そして、個人的なプレゼントや、記念日のギフトなど、少し価格の安いミディサイズというコチョウランもあります。使い分けですが、贈り先との関係性やシーンによって大体決まっています。
もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>胡蝶蘭の激安通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です