フラワーギフトが身近で便利になったのはネットのおかげってはなし

携帯でネットが出来るようになった昨今では、ギフトフラワーの通販も、現在は携帯端末から利用できます。

しかも、細かいサービスも向上しているので、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれます。
配送やお届けについても言えることで、全国でのスピーディな配達や、条件を満たせば、当日配達にも対応しているお店がたくさんあります。

フラワーギフトが身近で便利になった証拠ですね。

花ギフトでこちょうランを贈るというのは、祝いのシーンだけでなく、故人をしのぶ際にも使うことがあります。
胡蝶蘭の花言葉には「純粋な愛」という意味もあって、哀しみに暮れる気持ちを優しく癒すと言われていて、お葬式などで贈られることにも適しているそうです。世に胡蝶蘭が広まっていくきっかけは、19世紀のヨーロッパで起こった欄ブームだそうで、優美で神秘的な美しさが、もっと綺麗な欄を探す事になり、現代胡蝶蘭を発見する事に繋がりました。

花を送る際、ラッピングも大事ですねいくつか例を挙げると、ピンクのラッピングは可愛い印象を与え、落ち着いたうす紫のラッピングはお盆や法事にも利用できます。

昨今の通販ショップでは、殆どの場合、色を選べるラッピングサービスを無料で行っています。胡蝶蘭を送る時の立札なども、価格に含まれている通販ショップが増えています。ビジネスシーンの周年記念日にも、祝花に胡蝶蘭が選ばれますが、最低限のマナーくらいは、知っておいたほうが良いでしょう。

取り合えず、赤系は火を連想させるので、赤系一色のこちょうランは送らないようにしましょう。
それと、立札については絶対に忘れないようにしましょう。

多くの花が贈られるので、何処から贈られたのか分かりやすいようにしておきます。病院のお見舞いに、心を温かくしてあげる意味で、美しい花を贈るのも良いことですが、鉢植えになったお花は「根を生やす」として嫌がられます。
胡蝶蘭をお見舞いで持参したい時は、花束にアレンジするなどして、鉢植えの状態で贈らないようにしないといけません。このマナーさえ分かっていれば、見た目も美しく、花粉も香りも少ない胡蝶蘭は、入院している人の心を癒す最高のお花だと言えます。こちょうランの育て方ですが、寒い所が苦手なのは、知っておいた方が良いですね。
熱帯地域が原産地なのですが、木漏れ日の当る日陰に育った花なので、実のところ、直射日光も苦手です。
人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、置くとことは通気性も考えてあげましょう。
水をあげるのは環境によって1週間~10日に一回程度で、胡蝶蘭の鉢の表面が乾いてきたら与えるようにするくらいです。

お祝いに贈る花として胡蝶蘭が人気なのは訳があります。

ひとつ言えば、蝶が舞い降りたような美しさ、さらに、胡蝶ランの持つ花言葉や長持ちすることも理由の一つです。こちょうラン以外のフラワーギフトは、数日から1週間程度しか持ちませんし、これらのことを踏まえると、一ヶ月~二ヵ月も日持ちする胡蝶蘭が好まれているのです。

大切な人やビジネスシーンで贈る花ギフトは、やはり、胡蝶蘭を選ぶ人が多いわけです。ギフトフラワーの通販を利用する時、やはり、生産者である栽培園から直接発送する、産地直送を採用している販売店が一番です。
何故、産地直送が良いかというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、花の鮮度がとても良いことと、中間マージンが無くなり、コスパが良くなることが挙げられます。

胡蝶蘭のオンラインショップを利用する時も同じで、栽培している農家さんからの産地直送が一番です。

様々な種類がある胡蝶蘭ですが、分類のする基準のひとつに、花びらのサイズ違いによるものがあります。一番イメージしやすく新規オープンなどで見かけるのが、大倫胡蝶蘭と呼ばれる種類で、最も花が大きい種類です。逆に、気軽な贈り物や恋人同士のプレゼントなど、花びらの小さい中輪胡蝶蘭(ミディ)があります。どう選ぶかですが、贈る相手やシーンによって相応しいものが決まっています。

選ぶ胡蝶蘭の値段は、贈る相手の場面や、相手方との人間関係によって違ってきます。

恋人や夫婦のギフトであれば3千円程度のミディ胡蝶蘭で十分だし、会社関係であればミディやミニでなく大倫などの立派な胡蝶蘭が必要です。どちらの場合も、胡蝶蘭の値段が花屋より安いのがネット販売で、物によっては相場の半額以下で注文出来たりします。これは中間コストを削減しているショップが多いためで、生産者からの直送を行っているからです。開店などで花を贈る時の定番は胡蝶蘭ですが、会社同士でないなら、10000円~30000円が相場です。

ネットが発達した現代では、通販ショップを利用する人も多く、色々なライフシーンに対応した胡蝶蘭の通販店が人気です。日本古来の花ではありませんが、国内に持ち込まれたのは、明治の頃の話です。咲いた花びらが蝶のように美しい様子から、名付けられた名称が胡蝶蘭ですが、美しさだけでなく花言葉(純粋な愛)も人気の要因なのです。

こちらもどうぞ⇒胡蝶蘭の通販 産地直送のおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です