ビジネスシーンで胡蝶蘭を贈る時のマナーについて

ビジネスシーンの周年記念日にも、お祝いに胡蝶蘭を贈るケースが多いですが、贈り方の慣習などについては、知識として覚えておかないとダメでしょう。立とえば、赤系は火を連想指せるので、赤系は避けないといけません。

それと、必ず立札を付けるようにしないといけません。

誰から届けられたのかを分かりやすく、相手先に手間をかけないようにするためです胡蝶蘭のお手入れ方法ですが、数ある花の中でも非常に簡単なんです。
1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、一度花が散っても植え替えすれば毎年花を咲かせます。
しかし、寒さには弱いので、人が快適だと感じる程度の温度を保ってあげましょう。後それから、強すぎる陽射しを当てるのもダメなので、暖かくて落ち着くところが良いですね。

お花のプレゼントが嫌な人はそういませんが、そのシーンに合ったフラワー言葉の花を選ぶことで、贈られた側も、花ギフトに込められた想いを感じることが出来ます。一例をあげると、美しく高級なイメージの胡蝶蘭はよく門出などで贈られますが、こちょう蘭全種に共通する花言葉(幸せを運んでくる)のほか、色別にそれぞれの花言葉をもっています。例として胡蝶蘭を出しましたが、フラワーギフトに花言葉を添えるだけで、単にフラワーを贈るというだけでなく、より強い想いが伝わるはずです。

花ギフトで胡蝶蘭を贈るというのは、出店祝いや結婚(婚活なんていう言葉も一般的に使われるようになってきました。昔の仲人おばさんみたいな人がいない分、自分から積極的に動かないとなかなか相手が見つけられない事も多いでしょう)式だけでなく、葬儀や通夜などにもみることがあります。

花言葉に「純粋な愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)」をもつ胡蝶蘭は、悲しみに暮れる人の心を癒してくれるとされていて、お悔やみの場に贈ってもマナーに反するこということはありません。
世界に胡蝶蘭が広まる歴史の初まりは、ヨーロッパで19世紀に起きた壮大な欄ブームで、高貴で美しいフラワーを咲かせる様子が、新種を求めるきっかけになって、今の胡蝶蘭を発見するに至るワケです。

選ぶ胡蝶蘭の値段は、贈るシーンや、相手先との人間関係によって違ってきます。

親しい人へのプレゼントであれば数千円のオシャレな胡蝶蘭で良いですし、法人関係であれば最低20

000円以上の立派なこちょう蘭が必要です。どっちにしても、胡蝶蘭が安価なのは、生花店より通販なので、商品によっては50%OFFになったりします。これは中間コストを削減しているショップが多いためで、生産者から、直接消費者へ発送しているからなんです。

入院している人のお見舞いには、 気持ちを癒すため、お花を贈るのは良いのですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。こちょう蘭をお見舞いで持参したい時は、鉢から取り出して根をカットするなど、根が付いた状態で相手に贈らないように気を付けましょう。タブーとされるこの事を理解していれば、ニオイや花粉の量が微々たるコチョウランは、殺風景な病室を華やかにして、入院中の人の心を癒してくれるでしょう。

育て方も知っておいたほうが良いコチョウランですが、ある程度の暖かさが必要なのは、覚えておいた方が良いでしょう。

胡蝶蘭が育った故郷は熱帯地域なのですが、明るい日陰で生息しているので、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。

適切な温度は20℃前後と言われており、置き場所は風通しも考慮してあげないといけません。

水やりは頻繁にする必要はなく、胡蝶蘭の鉢の表面が乾いてきたら与えるようにするくらいです。

コチョウランが花ギフトとして選ばれるのは理由があります。ひとつは、蝶が舞い降りたような美しさ、また、ニオイが少なく長期間咲きつづける日持ちの良さも挙げられます。

普通に贈られる花ギフトであれば、数日でしおれてしまったりして日持ちしませんし、こういった理由からも、一ヶ月以上も長持ちする胡蝶蘭が喜ばれるワケです。
門出や祝いのシーンに選ぶフラワーギフトは、胡蝶蘭をチョイスする方が圧倒的に多いのです。
通信販売のフラワーギフトを使うとき、選ぶ基準としては栽培している農家から直接発送される、産直の通販ショップをチョイスするのが正解です。なぜ、産直をお薦めするのかというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、商品であるおフラワーの新鮮さが保たれることと、流通ルートが少なくなることでコストが削減され、値段が安くなることが挙げられます。

胡蝶蘭のオンラインショップを利用する時も同じで、生産者から直接届く、産地直送が一番のお薦めになります。

開店祝いや開業祝で贈る花と言ったら胡蝶蘭ですが、個人的にお祝いするなら一万円~三万円程度が相場です。
ネットが身近になった近年、通販ショップを利用する人も多く、こちょう蘭をあつかう通販サイトもサービスが向上しています。

19世紀に東南アジアで発見されたコチョウランは、明治の時代に国内に持ち込まれたそうです。
蝶が舞い降りたような花を咲かせることから、名前の由来が来ているのが胡蝶ランですが、胡蝶ランの美しさや高級感が贈り物として浸透した要因でしょう。
貰った胡蝶ランが枯れたりしたら、捨て方も分別が必要になり割と大変です。

こういっ立とき、便利なのが、胡蝶蘭の引き取りサービスなんです。処分が必要になる理由も色々で、置き場所に困ってしまう場合や、枯れてしまった等、どのようなケースにも対応しています。

業者を使わない場合ですが、ご自身ですてるしかないワケですが、面倒でも、お住まいの地域の決まり通り分別しなければなりません。おすすめ⇒胡蝶蘭の通販|おすすめ店ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です