胡蝶蘭でも赤系統は火や火事をイメージさせるので新築祝いには向かないよ

花を送る際、花の印象をさらに良くするラッピングが欠かせません。例えば、ラッピングをピンク色にするとキュートな印象になりますし、落ち着いたうす紫のラッピングはお盆や法事にも利用できます。評判の良いフラワーギフトの通販店は、ほぼ全てのケースで、無料でカラーを選べるラッピングサービスがあります。

胡蝶蘭を送る時の立札なども、サービスに含んでいる通販店が増えてきています。携帯でネットが出来るようになった昨今では、ギフトフラワーの通販も、近頃ではスマホだけで全て注文を完結することが出来ます。

しかも、細やかなサービスも充実しているので、メッセージカードの内容やラッピングまで無料で行ってくれます。
配送についても言えることで、国内スピード配達や、場合によっては当日に配送してしまえるショップもあります。花を贈るのも随分と便利になりましたね。取引先の創立記念日にも胡蝶蘭を祝花に選ぶことが多いようですが、贈り方の慣習などについては、頭に入れておいた方が良いと思います。
例えば、胡蝶蘭でも赤系統は、火や火事をイメージさせるので、赤系の胡蝶蘭や赤一色のラッピングは止めましょうあと、必ず立札を付けるようにしないといけません。

多くの花が贈られるので、何処から贈られたのか分かりやすいようにしておきます。色んな種類があるこちょうランですが、 分類のする基準のひとつに、花びらのサイズ違いによるものがあります。

開業祝いや結婚式で一番目にするのが、最も豪華で大きい花を咲かせる大倫胡蝶蘭です。

そして、親しい人へのプレゼントや母の日のギフトなど、お手頃価格で買える小さいサイズのミディ胡蝶ランがあります。選ぶ基準ですが、用途によって変わってきます。胡蝶蘭のお手入れ方法ですが、そんなに難しいことはありません。1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、花が散ってからの植え替え方法も簡単です。

ただ、寒さには弱いので、冬場は屋内で15℃~20℃位の場所に置いてあげないとダメです。

それと、エアコンの吹き出し口も良くないので、暖かくて落ち着くところが良いですね。

胡蝶蘭を贈るのは、お祝い事だけでなく、お供えとして用いるケースもあるんです。

花言葉に「純粋な愛」を持つ胡蝶蘭は、悲しみに暮れる人の心を癒してくれるとされていて、故人を偲ぶ場であっても、場違いにはならないそうです。
胡蝶蘭の歴史の始まりは、ヨーロッパ十九世紀に起こった大欄ブームだそうで、群を抜いたその優美なたたずまいが、様々な品種を探すきっかけになり、こちょうランの原種を発見する事になったわけです。

育て方にもコツのある胡蝶蘭ですが、寒さが苦手なのは、知っておかなければいけません。

熱帯地域が原産地なのですが、木々の生い茂る明るい日陰で育ったので、実は、太陽の光が直接当たるのもよくありません。
人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、風通しが良い場所に置いてあげましょう。水やりは頻繁にする必要はなく、胡蝶ランの鉢の表面が乾いてきたら与えるようにするくらいです。

気になる胡蝶蘭の値段ですが、 相手のシーンや、相手方との人間関係によって違ってきます。

恋人や夫婦のギフトであれば3千円程度のミディ胡蝶蘭で十分だし、仕事関係であれば大倫の3本立て胡蝶ラン以上を選ぶのがマナーです。
どちらにしろ、胡蝶蘭が安価なのは、生花店より通販なので、場合によっては半額になることもあります。ネット販売では卸売市場を経由しないい店が多く、生産者からの直送を行っているからです。

胡蝶蘭が花ギフトとして選ばれるのは理由があります。
ひとつは、その優美な美しさ、また、ニオイが少なく長期間咲き続ける日持ちの良さも挙げられます。普通に贈られる花ギフトであれば、1週間も咲き続けることなく枯れるのが早いですし、こういった理由からも、数か月咲き続ける胡蝶蘭は喜ばれるわけです。大切な人やビジネス場面で贈る花ギフトは、やっぱりこちょうランにする人が圧倒的に多いわけです。

就任祝いや開業祝など、急な知らせで胡蝶蘭を送りたい場合、即日対応してくれるスピード配達のネット通販が便利です。

宅配網が発達した現代社会ならではのサービスですが、だいたい翌日には届けることが出来ます。
東京23区や名古屋・大阪などで当日配達可能なお店とか、急ぎで焦ってる場合は、一日中受け付けてくれているのでおすすめです。さらには、スピード配達できる専門店は立札やラッピングも無料です。

お祝いで届いた胡蝶蘭が不要になったとき、どうやって捨てれば良いか悩んでしまう人も多いみたいです。こういったとき、助かるのが、胡蝶蘭の引取りを請け負っている業者です。不要になる理由は様々で、会社関係で大量の祝い花を処分するケースや、咲き終わった後など、数が多い場合でも、一鉢しかない場合でも対応が可能です。

業者を使わない場合ですが、ゴミとして出すしかないわけですが、手間が掛かっても地域ごとの分別方法に従って細かく仕分けして捨てるしかありません。お花を通販で注文するなら、おすすめは、生産者である栽培園から直接発送する、生産農家直送を採用している通販店が良いでしょう。どうして産直がオススメかというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、時間の経過が少なく、花の鮮度が保たれ新鮮なこと、中間マージンが省かれ、値段が安くなることがその理由です。ネットで胡蝶蘭を頼む時も同じで、生産農家から直接送ってもらう方式がオススメです。知人がお店を開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭ですが、自分個人で贈るなら10000円~30000円程度のものでOKです。

近年では、通販の専門店を利用する人の割合も増加し、胡蝶ランを扱う通販サイトもサービスが向上しています。東南アジアで19世紀に発見された胡蝶蘭は、明治に日本に持ち込まれたという記録があります。咲いた花びらが蝶のように美しい様子から、付けられた名前が胡蝶蘭だと言いますが、その美しさや込められた花言葉がフラワーギフトとして喜ばれています。引用:ミディ胡蝶蘭の通販おすすめ店ランキング【品質保証あり】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です